香川でリモートワークを!〜ワーケーション協議会がキックオフイベントを開催

 

 働きながら(Work)余暇を過ごす(Vacation)ワーケーションは、海外では普及されていたが、日本で根付くことはできるだろうか。

 1月13日、パソナグループ、(株)地方創生(東京都 近江 淳社長)を代表幹事に、産学官金で取り組む、香川ワーケション協議会のキックオフが行われた。当日は、現場とオンラインで100名以上が参加。オープニングトークに平井卓也デジタル改革担当大臣、クロージングメッセージにはパソナグループの南部靖之氏がビデオメッセージを送った。



 パネルディスカッションには、香川大学の原 直行教授を進行役に、ことでんグループ、真鍋康正代表、瀬戸内ワークス(株)原田佳奈子代表、穴吹エンタープライズ(株)PPP事業部、三村和馬取締役事業部長、琴平町の片岡英樹町長。ほか、現在取り組み中の鳥取県、和歌山県の事例報告があった。
 

タイトルとURLをコピーしました