「春の四国水族館」スタート!ヒナペンギンのライブ、新イルカショーなど続々

四国最大級の水族館「四国水族館」(綾歌郡宇多津町浜1-4 松沢慶将館長)が、3月8日(月)から一部をのぞく各種プログラムを再開しました。

【3/18 追記】
3/20より、約5ヶ月ぶりにケープペンギンの展示を再開します!

鳥インフルエンザ感染防止のためペンギンの展示を中止していましたが、全国的に収束に向かっていることから再開を決定したとのことです。

■場所: 屋外 1階 水遊ゾーン 人鳥の景

①ペンギンヒナライブ【期間限定】
同館初となる赤ちゃんペンギンの誕生を記念した、特別プログラムです。
ペンギンの赤ちゃんにエサを与えている様子をライブ中継しています。今だけの愛らしい姿をご覧ください。
実施期間:4月4日まで
時間:14時頃(約10分) ※生きものの状況により時間が前後することがあります。
場所:イルカ棟1階 海豚ホールモニター


※現在、ケープペンギンの展示は、鳥インフルエンザ感染防止のためを中止しています。

②イルカプレイングタイム【毎日3回】
コロナ禍で沈みがちなこころが、パッと明るくなるような楽しいショーにリニューアルしています。プログラム休止期間中にできる種目も増え、成長したイルカとトレーナーが、元気を届けます。
開催場所:イルカ棟2階 海豚プール
開催時間:11時、13時、15時

③手書き黒板解説
飼育スタッフたちが手掛けた、手描きの黒板解説が登場しています。
イラストを交えながらわかりやすく生き物の生態を伝えてくれています。
設置場所:本館棟 各所

水族館の担当者は、「皆さまに安心、安全にお楽しみいただけるよう、引き続き徹底した感染防止対策を実施しながら、生きものたちの魅力をお伝えしたい」とコメントしています。

四国水族館
住所:綾歌郡宇多津町浜一番丁4
TEL:0877-49-4590
公式サイト:https://shikoku-aquarium.jp/

タイトルとURLをコピーしました