小豆島町が揺れている。草壁港発着航路が4月から運航休止へ《内海フェリー》

2020年9月、高松港と小豆島町の草壁港を結ぶ内海(うちのみ)フェリーが同航路の事業休止の届出を国土交通省四国運輸局に提出。

現在は同町、池田港発着の航路を運用する国際両備フェリー(両備グループ〈岡山市〉)が管理している。

高松港に係留されている引退した旧船

同月に完成を迎えた新造船《ブルーライン》が現在、高松、草壁港間を運行中だ。14億円とも言われる造船費用に売却は難航、経営再建が見込めない状況が続いている。

その渦中にいる小豆島町住民らの思いを本誌にて掲載。

 

タイトルとURLをコピーしました