サスティナブル×パンティストッキング=「エコラビング」香川シームレス

新型コロナという未曾有の危機により、必要とされるモノやコトが大きく変わるなか、どのような価値観を消費者と共有できるかが、企業の経営戦略にとって重要なカギとなるだろう。

ストッキング・タイツの国内製造メーカーである香川シームレス㈱(丸亀市 金地祐一社長)は、サスティナブル素材だけを使用したパンティストッキング『Eco Loving(エコラビング)パンティストッキング』を2月8日より発売し、消費者とメーカーが互いの価値観で繋がれる試みを展開している。


「ストッキングの国内生産は今、最盛期(1989年)の1/10にまで減少しています。さらにテレワークの増加やイベント自粛などにより、ストッキング離れが加速。そんなピンチをチャンスに変えていきたいと、これまでのOEM中心の製造から自社商品比率を上げ、SDGsに貢献する商品を開発しました」と金地晃司専務は語る。

現在生産しているストッキングの多くはナイロンやポリウレタンなど石油由来の原料が主流になっている。環境にやさしい製品づくりを進める同社では、エコラビングに100%リサイクル原料のナイロンと、リサイクル率35%のポリウレタンを使用した。

さらにこだわったポイントは包装袋。ストッキングは通常、ポリプロピレン系の袋に入っているが、パッケージもサスティナブルに対応しようと紙の比率が高い袋に変更。ストッキング本体だけではなく、アイテム全体が環境に配慮した設計となっている。

               金地晃司専務
「これまでのレッグウェアは『美しさ』という観点を中心にモノづくりを行ってきましたが、近年は『機能性』を重視しています」。

同社の手掛けるサスティナブル商品は、昨年12月に発売した小豆島産オリーブオイル配合の繊維を使用した着圧機能付きレッグウェア『オリーブピエド』が第一弾。「着圧商品は通常ナイロン製ですが、綿とオリーブという自然素材を使うことでSDGsの考えを折り込みました」。

一般医療機器として着圧機能を備え、さらに小豆島ヘルシーランド㈱の小豆島産100%の美容専用オリーブオイル「ジ・オリーヴオイル」を配合している。


「サステナブル原料を使用した商品を開発することは、企業にとっても新しい考え方、新しい販路が見えてくるため、未来の投資と考えています」と力を込める。

エコに関心のある消費者らの反響も少しずつ増えてきたという。

エコラビングは20デニールでヌーディーベージュ、ブラックの2色展開。価格は880円(税込)。サイズはM~L、L~LLがある。

楽天市場内「legstyle」、 ゆめタウン三豊店1階「Spasso三豊店」にて販売中。

 

タイトルとURLをコピーしました