日本サービス大賞 経産大臣賞に徳武産業㈱

国内のサービス提供事業者から、〝きらり〟と光る優れたサービス、新しいやり方を実現しているサービスを表彰する「日本サービス大賞」

(公財)日本生産性本部 サービス産業生産協議会が主催。総務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省の後援する顕彰制度だ。

3回目となる今年度、全国より762件の応募があり、主催者委員会の審査を経て30社が入賞した。

内閣総理大臣賞に輝いた㈱小松製作所(東京都)はじめ、総務大臣賞の森ビル㈱/チームラボ㈱、国土交通大臣賞の㈱星野リゾートなど、大手企業も多く選出されたなか、四国地域から唯一入賞したのが、経済産業大臣賞の徳武産業㈱(さぬき市大川町富田西3007 西尾聖子社長)。香川県内の企業としては初受賞。

介護シューズ「あゆみ」で知られる同社。歩行が困難な高齢者や障がい者らに、つまずきにくく安心して歩ける靴を開発し製造販売。年間に約150万足を販売する。介護シューズ業界のシェアは数量ベースで50%を超える。

先ごろ、菅 義偉総理、関係大臣らを迎え都内で表彰式が開かれ、西尾社長、あゆみシューズを25年前に商品化した十河孝男会長が出席した。

タイトルとURLをコピーしました