道の駅「滝宮」・綾川町うどん会館リニューアルオープン

12月13日、綾川町(前田武俊町長)が「うどんといちごの郷」をコンセプトにリニューアル整備中の、道の駅「滝宮」・綾川町うどん会館(綾川町滝宮1578)が第1弾オープンを迎え、大勢の買い物客らが詰めかけた

平成10年から運営されるうどん会館は、建物設備の老朽化し来場者のニーズが変化するなか、将来の施設のあり方を検討し整備を進めてきたものだ。会館は増築し、延べ床面積は従来の約3倍に拡張。この日はうどん店、土産物、レストランが営業開始した。

同日先行オープンした、民サ麺業の運営するセルフうどん店「さぬきうどんの駅綾川」は10時開店と同時に客が流れ込み、あなぶきエンタープライズの運営する土産物ショップ「ショップ綾川」のレジには長蛇の列ができた。土産物店では約100種類の讃岐うどんが販売されており、これだけのアイテムを揃えたショップは前例がない。

JA香川県の農産物直売所、スイーツショップは2021年3月の営業開始を予定する。火曜定休。

タイトルとURLをコピーしました