いちじくの葉から生まれた化粧水「いちじくすい」生産者らが販売を開始

まんのう町を拠点に平均年齢25才の若者4人で、ブランド品「はざまいちじく」の生産に取り組む「Bettim Farm(ベッティムファーム)」(㈱City Ais篠原仁一朗代表)がこのほど、いちじくの葉を原料にした保湿ローションの製造と販売を開始した。

いちじくの実は甘く美味しい上に、栄養価の高いことが広く知られている一方、葉を利用した商品は珍しい。天然素材を使った化粧品のニーズは多いとみられ、期待が寄せられている。いちじくは葉にも薬効があり、健康茶や入浴剤として使われている。色素沈着を防ぎ、艶のある肌に導く作用を期待して、生薬として漢方薬にも用いられている。

ベッティムファームでは地元の美容関連商品の製造を行う㈱ジャパンギャルズや農業6次産業化に取組む㈱TKGアグリの協力を得ていちじくの葉エキスを用いた化粧水「いちじくすい」を商品化し、4月から県内の雑貨店等で販売を開始した。まずは地元で商品の良さを知ってもらい、その後時期をみて全国に販売を拡大していく予定だ。

(大)150㎖ 1980円(税込)、(小)80㎖ 1320円(税込)。

タイトルとURLをコピーしました