香川県が学生らに就職面接会  県内企業49社が参加

 ふるさとで働く人材を確保しようと、「ワークサポートかがわ」(運営:香川県)が冬休み中の学生らを対象にした就職面接会・かがわの企業研究を1月11日・12日に開いた。会場の高松シンボルタワーに県内企業49社がブースを設け、2日間で延べ84人の就職希望者が訪れた。


 香川県は、来春卒業予定の大学生らを対象に、毎年この時期に就職面接会などを開いている。
 今年は新型コロナの影響を受けて、急遽6社が出展を取りやめたが、会場の感染対策を徹底して開催した。
 県の担当者は、「景気の影響で採用予定数は抑えながら、いい人材の採用に意欲的な企業は多い」と話している。

 ワークサポートかがわは、香川県が運営する「ハローワーク」。正社員の求人サイト「jobナビかがわ」「インターンシップナビかがわ」を通して、求職者と企業との出会いを応援している。

タイトルとURLをコピーしました