香川小豆島 離島航路高松〜草壁航路の休止決定

1月17日に、小豆島町の草壁港には約600名の地元住民が集まった。

草壁航路廃止をめぐり、年配者など交通弱者が今後増加する不安を抱えての決起集会が行われ、特別顧問の松本町長、肥田共同代表が住民らとともに「航路存続をやるぞー!」と声の限りと叫んだが、その日から4日後の1月21日、四国運輸局は両備グループの池田港増便を認可。

3月末に草壁航路は休止され、池田航路8往復が10往復に増便される。

住民らからは、同町の坂手港で長期間、航路休止となった際に町が寂れてしまった二の舞にならないかと不安の声が上がっている。

タイトルとURLをコピーしました