古本カフェ「YOMS」店主の齋藤祐平さん、個展開催へ

高松市を拠点に活動するアーティストで、古本カフェ「YOMS(ヨムス)」店主の齋藤祐平さんが個展を開きます。新作の平面作品約30点を発表。ギャラリー「Vacant 101」(高松市瓦町2-12-6 久利ビル3F)にて、6月5日から13日まで。

「コロナ禍で買い取りの依頼が増えました」と語る齋藤さん。YOMSにて撮影。

齋藤さんがご夫婦で営む「YOMS」(高松市田町1-7 火曜定休)は、アートやサブカルチャー、民俗学に個人出版物など、多彩な本を取り揃える古本カフェ。

12時から21時まで営業しており、仕事帰りにフラリと立ち寄る”お一人様”も多いそう。自家焙煎コーヒーやチャイを片手に、ゆったりと読書に浸れます。

「いつ訪れても新しい本と出会えるように」と買い取りや棚替えに力を入れています。

1982年新潟県生まれ。2015年 東京から高松市に移住し、2017年 YOMSをオープンしました。

そんな齋藤さんの生み出す作品は、鑑賞者から「とにかくユニーク!」と評される独自の画風です。

あなたと歳を取る/I’m getting old with you(2021)

「最初は真ん中左寄りの顔に目がいって黒いマーカーの線を意識する。その後に上のほうの顔に気が付いてオリーブ色の線を意識するようになる。という順番の絵になった。」

そうコメントにあるように、即興的なアイデアを取り入れながら、アクリルやマーカーなどを使ってさまざまなイメージを描き出しています。

捕まらない/Not caught (2021)

「いろんな画風の絵がありますので、一つ一つの違いを楽しんでいただければうれしいです」と、齋藤さん。

会期中の火曜は終日、土日は13時〜16時に在廊を予定しています。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。時間は13時〜18時まで。

月水木金は新型コロナ対策のため事前予約制となっています。予約フォームから、鑑賞希望日の前日までにお申込みのこと。

火土日予約なしでご来場ください。

齋藤祐平個展「たべたくてのまない」
会期:2021年6月5日〜6月13日
会場:Vacant 101 (高松市瓦町2-12-6 久利ビル3F)
火土日:13時〜18時
月水木金:13時〜18時(事前予約制)

タイトルとURLをコピーしました