瀬戸内海

行政ニュース/データで見る香川県

休止となった草壁航路、町民ら見送りの陰で  《小豆島の未来を考える》

小豆島、草壁航路が4月1日から休止となった。前日3月31日には、約100名の地域住民らが、午後7時草壁港発の高松港行き、最終便を見送った。また、高松港から草壁港に戻り、最後の務めを果たしたフェリー、乗務員らを50名以上が出迎えた。 ニ...
瀬戸内海

ヒットアニメ “からかい上手の高木さん”   《小豆島土庄町》聖地巡礼が熱い!

作品の作者は、小豆郡土庄町出身。 アニメ版で土庄町がモデルとなっていることが明らかになり、聖地巡礼のファンが後を絶たない。 土庄町(小豆軍土庄町甲559-2 三枝邦彦町長)では、土庄港港事務所(高速艇切符売り場)2階に『...
業界ニュース/ニューオープン

気分を換える素敵な船旅を演出、ワーケーションに人気の高松市女木・男木島へ! 新船「めおん」コロナ対策に特化した装備で新投入

雌雄島海運(株) (高松市サンポート1−1 山下周市社長)の新船「めおん」が、2月28日午後14時便から高松港〜女木島〜男木島航路を定期便として航走しはじめている。港内でも縞々が目立つ。 新船は、見た目もがらりと印象を変えるが...
業界ニュース/ニューオープン

体験型モビリティで新しい旅 #VANLIFE SHODOSHIMA

小豆島ブランド推進委員会(小豆郡小豆島 中川 晋会長)、(株)AKIND(兵庫県 岩野 翼社長)及び(株)JR西日本コミュニケーションズ(大阪府 野中雅志社長)は、小豆島観光資源の最大活用化事業『#VANLIFE(バンライフ)』を観光客に貸...
行政ニュース/データで見る香川県

国内最先端の取組みが三豊市で始動! 〜医療ドローンが試験飛行〜

2月5日、三豊市でドローンを用い、医療機器や医薬品を離島である粟島に運ぶ実験が行われた。 4日には関係者によるオープニングセレモニーが行われ概要が明らかになった。 この実証実験は、三豊市とともに,県内団体、企業が横並びで行われ...
瀬戸内海

香川小豆島 離島航路高松〜草壁航路の休止決定

草壁航路廃止をめぐり、年配者など交通弱者が今後増加する不安を抱えての決起集会が行われ、特別顧問の松本町長、肥田共同代表が住民らとともに「航路存続をやるぞー!」と声の限りと叫んだが、その日から4日後の1月21日、四国運輸局は両備グループの池田港増便を認可。
瀬戸内海

コロナ終息を祈願する、妖怪チョーケシの動画配信

小豆島の「迷路のまち」(土庄本町)で、アート事業や地域事業をおこなうMeiPAM(小豆島ヘルシーランド㈱)。1月23日より、島内の広告会社㈱パオ・フィールと共同で、新型コロナウイルスの終息を祈願した動画によるプロモーションをスタートした。 ...
経済/企業ニュース

小豆島町が揺れている。草壁港発着航路が4月から運航休止へ《内海フェリー》

2020年9月、高松港と小豆島町の草壁港を結ぶ内海(うちのみ)フェリーが同航路の事業休止の届出を国土交通省四国運輸局に提出。  現在は同町、池田港発着の航路を運用する国際両備フェリー(両備グループ〈岡山市〉)が管理している。
タイトルとURLをコピーしました