香川大学の同窓会組織「又信会」(ゆうしんかい)新会長に対馬健三氏

香川大学経済学部、法学部、大学院(経済学研究科、法学研究科)、商業短期大学部の卒業生で組織する同窓会『又信会』は、先ごろ「令和3年度通常総会」を開催。役員改選案を承認して新役員が決定した。

新会長の対馬健三氏(経済学部第20回、昭和47年3月卒業)は、香川県内でエディオン6店舗を運営するタケヤ電機㈱会長で、高松青年会議所理事長(現シニアクラブ副会長)、高松北ロータリークラブ会長、香川県立高松高等学校PTA会長、高松法人会役員を歴任。

前会長の小川和彦氏は顧問に就任した。

改選後の会長・副会長は次の通り。

▽会長 対馬健三(経20)

▽副会長 香川大学担当 山下隆資(経12)

本部担当 石川芳洋(経8)

東京地区担当 岩田直樹(経27)

大阪地区担当 加藤恭滋(経26)

又信会は昭和2年の設立。全国に18の支部があり会員数は3万人超を数え、会報誌発行、大学開催の催事への協賛、香大生への支援などの活動を続けている。

又信会事務局087-831-2597

 

香川大学経済学部は、前身の官立高松高等商業学校(1923年創立)以来、95年の歴史と伝統を有し、四国で唯一の国立大学経済学部として、国内外で活躍できる教養ある経済人を育成することを理念としてきている。県内外の企業経営者の中にも香川大学又信会の会員は数多く活躍している。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました