瀬戸内の魅力を最大化!城宿「穴吹亭」が新たに挑む”持続可能な観光”

「高松を、日本を代表するおもてなしのまちにしたい」として2015年に㈲INAKA TOURISMを設立した穴吹英太郎代表。

インバウンド向けの観光事業を中心に成長を遂げた同社は、パンデミック以降、“持続可能な観光”に着手。大手工務店の創業家である自身の実家を蘇らせた「城宿 穴吹邸」を主軸に、新たな観光コンテンツを続々と展開している。
苦境が続く観光事業者が前に進むために、どのような打ち手があるのか。

穴吹邸は、風情ある日本庭園を有する、日本らしさとモダンが溶け合う邸宅ホテル。1日1組限定の一棟貸しスタイルで、これまで特に欧米豪圏インバウンド客から人気を集めてきた。
そのインバウンド需要が激減した今、ターゲットを再設定し、国内客向けに高付加価値の体験型観光を発信している。

キーワードは“持続可能な観光”とし、次の3点をあげた。
①「地域事業者との協業」クルージング業者や独立系ブライダルプランナーらと協業することで、余剰人員をかけずに新たな商品開発を実現、事業の継続性もあるという。
②「ブライダルの新しい選択肢」宿泊型のコンパクトな婚礼ニーズが増えている。クルージングで島を巡るフォト・ウエディングツアーも既に準備中。将来的な県外・海外需要も。
③「法人プラン」会食に合宿、展示会といったビジネスシーンに。食事は出張シェフのコース料理などが楽しめる。

また、4月より「高松ワーケーション・ネットワーク(仮)」を設立予定で、穴吹氏は共同代表として旗を振る。知名度の高い瀬戸内国際芸術祭を背景に「地域との関わり」をテーマとした滞在の提案、リモートワークの浸透で増加するワーケーションの誘致を目的とした団体だ。利益の一部を地域の環境保全などに再投資する新しい試みを考案。「来訪者の地域貢献を可視化し、地域、事業者との”三方良し”の取り組みになれば」と前を向く。

まちづくりからのアプローチとして、「高松市創造都市推進懇談会(U40)」の第5期会長も務めている。

穴吹氏は、「消費型のビジネスモデルから脱却し、地域にも還元できる持続可能な観光への転換をはかっていきたい」とこれから進むべき世界観を示している。

タイトルとURLをコピーしました