【小さな命を守る】殺処分ワーストから脱却を! 高松市がクラウドファンディング第2弾開始

野良猫として生まれた子猫が保健所に保護・収容され多くの殺処分がされているなか、その解決のため高松市が9月30日まで実施したガバメントクラウドファンディング「飼い主のいない猫を増やさない! たかまつwithにゃんこプロジェクト」

TNR(野良猫に不妊去勢手術を行い、元の生息地に戻す)活動の費用について全国から寄附を募るもので、目標金額100万円に対し、208万円以上の寄附を集めた

このたび第2弾として、「殺処分ワーストからの脱却! たかまつwithわんにゃんプロジェクト」をスタート。ふるさと納税サイト(ふるさとチョイス)、納税課窓口等を活用し、寄附金を募っている。

目標金額は1千万円。募集期間は12月31日。

寄附金は犬猫の殺処分全国ワーストから脱却するため、犬猫の一時保管施設整備、さぬき動物愛護センター「しっぽの森」での譲渡事業、ミルクボランティア事業などに利用する。

殺処分ワーストからの脱却! 【たかまつwithわんにゃんプロジェクト 】|ふるさと納税のガバメントクラウドファンディングは「ふるさとチョイス」
プロジェクトへご賛同いただける全国の皆様へ高松市は、令和元年度の犬の殺処分数が全国の中核市の中でワースト1位を記録しており、一刻も早くこの状況から脱却しなければなりません(香川県全体で見た場合でも、平成25年度から令和元年度まで7年連続で、犬の殺処分数が全国の都道府県の中でワースト1位を記録しているという状況です)。高...

詳細は高松市保健所 生活衛生課087-839-2865

タイトルとURLをコピーしました